あたためロード~子宝への道~

無排卵の不妊治療から妊娠出産、現役ママ整体師が子宝へ向けて発信しています。冷え症の体質改善にもどうぞ

卵子の質を体外受精から見てみる

こんばんは。子宝整体師、おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして足つぼ・整体師をやっております。

よかったらお願いします(^^)/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

わたしは、運よく人工授精で妊娠できましたが、6回ほど試して難しかった場合は、体外受精も視野に入れていました。

どの治療をするにしても、妊娠するには、質の良い卵子が重要なのは違いありません。

体外受精といっても、その中でもいくつか方法があります。


体外受精で、採卵した卵が入っているディッシュに受精しやすいように調整された精液を入れて、自然受精させることを「媒性」と呼びます。

また、
精子の量が少ない場合などは、卵子に直接精子を入れることは「顕微授精」となります。


受精の確認
・媒性から約19時間前後 
・「前核」と呼ばれる2つの核が見える状態になる

翌日
・2細胞→4細胞

3日目
・8細胞

4日目
・「桑実胚」細胞同士がくっついてくる

5日目
・「胚盤胞」真ん中に腔が生じる
・自然妊娠では この「胚盤胞」の段階で受精卵が子宮に到着する

またすべての卵が受精し、細胞分裂するかは行ってみないことには、わかりません。

よって、卵子をたくさん採卵できた方が、受精卵も多くなる確率が高くなりますが、施設の方針、個人の状態によって排卵させる方法は異なります。

初期胚では、もっとも良いグレード1からグレード5まで分類されますが、妊娠、出産がグレード通りになるとは限らないそうで、あくまで評価とされています。

だけど、どうせ挑むなら、質の良い状態で挑みたいですよね。

このことからも、質の良い卵を取るために、栄養、運動、こころとお母さんになるあなたのからだの状態を良くしておくことが
大切です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらお願いします(^^)/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

[ 2019/03/15 18:00 ] 卵子の質を上げる | TB(-) | CM(0)

人工授精でも卵子の質を上げなくちゃ 漢方飲んでみる その3

こんばんは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして整体師をやっております。

よかったらこちらもお願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

サプリとの併用で、漢方薬局の漢方薬も飲み始めました。

排卵誘発剤を飲んだり、注射をしていたのですが、今まで排卵をしていなかったの、感じたことのなかった排卵痛でしょうか?

おなかが痛くなったり、頭痛が出たりと別の体調不良を感じはじめました。
よって、この症状の軽減と冷え性の体質を改善し、血流を良くして、貴重な卵ちゃんがきちんと排卵すればと思い、飲みだした理由もあります。


前回の記事で漢方(東洋医学)
の大まかな3つの要素を書いてあります。

血流を良くすると、気(気持ち、エネルギー)の部分も改善することが多いという点から、やはり血のめぐりはとても大切だと考えます。

あなたは、自分の体質はどんな感じか気にしたことはありますか?

体質はおおまかにこのように分かれています。
よかったら、参考になさってくださいね(^^)

全てがあてはまらなくても、いくつかあてはまる場合は、その体質傾向があるかもしれません。

【気】
「気虚」・・・気の量が不足している
 ・疲れやすい
 ・体力がない
 ・下痢や軟便がおおい
 ・風邪をひきやすい
 ・からだが冷えている
 ・食欲がわかない
 ・胃腸が弱い

「気滞」・・・気が滞っている
 ・イライラなど精神が安定しない
 ・よくげっぷ、おならが出る
 ・お腹が張っている
 ・生理前はたくさん食べてしまう

「気逆」・・・気が上昇しすぎる、または下る力が不足している
 ・げっぷ、吐き気がする
 ・イライラしやすい
 ・めまいがある
 ・咳、喘息などの呼吸器系に症状がある


【血】
「血虚」・・・血が足りない、働きが弱い
 ・目がかすむ、乾きがある
 ・動悸や息切れがある
 ・不整脈がある
 ・月経不順
 ・眠れない
 ・物忘れがある
 ・顔が青白い
 ・爪が薄い、変形する
 ・乾燥肌、カサカサしている
 ・抜け毛など髪の状態が良くない
 ・不安定である

「血熱」・・・熱がこもっている
 ・月経過多
 ・口が乾いている
 ・肌がかゆい
 ・かゆみの皮下出血ができる
 ・出血しやるい
 ・高熱がでる

「お血」・・・血のめぐりが悪い
 ・目の下にクマ
 ・顔がくすんでいる
 ・便秘
 ・生理では、血のかたまりが出る
 ・神経痛がある
 ・冷え性である
 ・肩こり、首こり、背中がこっている
 ・皮膚の傷跡が治りにくい


【水】
「内湿」・・・水が部分的に過剰となり、滞っている
 ・めまいがある
 ・吐き気がする
 ・お腹が張った感じがある
 ・足がむくむ
 ・からだがむくむ
 ・下痢、軟便が多い
 ・頻尿である
 ・からだがだるい
 ・下半身がとくに冷えている

「温湿」・・・湿が長期的、熱を帯びている
 ・暑がりである
 ・汗をかきやすい
 ・顔がほてる
 ・吹き出物や炎症が出やすい
 ・口が乾く
 ・大腸や膀胱が炎症しやすい

「内燥」・・・水分が足りない。からだがかわいている
 ・肌のハリがない
 ・髪のツヤがない
 ・のど、鼻、口が乾く
 ・声が出しにくくなる
 ・節々が痛む
 ・便秘
 ・尿が減る


ひとつの体質ということはなく、2つの体質、3つの体質とまざっている場合が多いです。

改善していくにしたがって、からだの不調はなくなっていくのが漢方(東洋的)な考え方です。

婦人科系はとくに気と血の要素が大切となってきます。

ちなみに私は、お血と気滞が強い状態でした( ;∀;)ガーン


最後までお読みいただきありがとうございます(^^♪


よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村



[ 2019/02/03 21:37 ] 卵子の質を上げる | TB(-) | CM(0)

人工授精でも卵子の質を上げなくちゃ 漢方飲んでみる その2

こんばんは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして整体師をやっております。

よかったらこちらもお願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

サプリとの併用で、漢方薬局の漢方薬も飲み始めました。

漢方とは

約2000年前の中国で確率され、現在へと継承されている伝統医学。
日本に伝えられ、「漢方」と呼ばれるようになり、天然の、植物、鉱物、茎、実、動物など2種類以上の組み合わせによって作られた薬

病気や症状から体質の判断をし、一人ひとりに合った処方をしてくれます。

「気、血、水」という3つの要素から構成されていて、バランスがとても大切です。

この「気、血、水」のバランスが崩れると、からだの不調が出てくるといわれています。

漢方はその崩れたバランスを戻し、からだを正常な状態に戻す働きをしてくれます。

例えば、「冷え」

「冷え」があると血のめぐりが悪くなるので、寒気や頭痛、便秘などのいろんな不調がでてきます。
この「冷え」を取り除き、正常なバランス状態に戻すと改善されます。



気はエネルギーです。
気は「元気」の気とも言われています。
内臓の働き、人が生きるためのエネルギーです。
気は血に運ばれ、全身をめぐります。

気の異常は、イライラ、頭痛、冷え、不眠、不安など



血液のこと
からだに気を運ぶ働きがあります。
血が不足すると気の働きも鈍くなります。婦人科系のトラブルなど

血が異常になると気の異常も発生します。
便秘、肌荒れ、肩こり、貧血、



血液以外の体液のこと(リンパ液、など)
人間の体は80%ぐらいが水でできています。
からだの潤い(湿)のために重要です。

水の異常は、むくみ、めまい、耳鳴りなど


その中で、婦人科系は特に「血」のめぐりを重視しています。

わたしは、「血」が最も不足で、その次が「気」、水だったと思います。

処方された漢方薬の中には、「気」を整える顆粒がありました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
次回は、さらに詳しくご案内できたらと思います。

よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

[ 2019/02/01 22:30 ] 卵子の質を上げる | TB(-) | CM(0)

人工授精でも卵子の質を上げなくちゃ 漢方飲んでみる

こんばんは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして整体師をやっております。

よかったらこちらもお願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

無排卵と卵管閉塞がわかってから、冷え性の改善と血流を上げる工夫を行ってきました。
血の巡りが良くなると卵巣にも栄養が行き届き、元気な卵子がポコッと生まれると思ったからです。

主に食事とお風呂、岩盤浴による温めから始めた不妊治療です。

6月半ばに初通院。
検査をして、9月からタイミング法開始。
タイミング法6回
4月から人工授精に切り替えました

治療開始後、誘発剤と注射により、どうやら排卵はしている様子でした。

卵胞チェックに行くと、育ってきた卵胞が多い時で2個。両方の卵巣で確認できるときもあれば、片方の卵巣のみで1個の時もありました。

で、タイミング法です。

よく聞く話では、誘発剤を使うとポコポコといくつもの卵が確認できると聞いていたので、自分の体質ってよほど排卵しにくいんだろうなあと感じました(T_T)

毎月タイミング法をしていくと、回を重ねる度、リセットになったときにへこみまくりでした。(T_T)(T_T)(T_T)

悲しくても、リセットしたら、排卵に向けてはじまります。

できにくいからこそ、1個の排卵が大事だと再認識し、あらゆることはやってみようとさらに決意しました(^^)/

そして、先生から人工授精へとステップアップのお話が来たので、さらに睡眠にも気を使い、サプリとの併用、漢方薬と整体にも挑戦しました。



人工授精

排卵日に合わせて、採取した精液を細い管で人工的に子宮内の卵管近くまで運ぶ方法。

精液は、洗浄され雑菌を取り除き、遠心分離機にかけられ、培養液に入れられます。
受精は体内で行われるので、自然に近い状態です。

採取は朝、自宅で行い、病院へ持っていきました。(施設によっては、クリニックで採取する場合もあります)


人工授精について調べてみると、5~6回以内が妊娠率が高く、6回目以降からは伸び率は増えないようです。


漢方

約2000年前の中国で確率され、現在へと継承されている伝統医学。
日本に伝えられ、「漢方」と呼ばれるようになり、天然の、植物、鉱物、茎、実、動物など2種類以上の組み合わせによって作られた薬

実家の近くに漢方薬局があったので、そこへ基礎体温票を持って、相談に行きました。
行ったその日には、漢方薬はもらえず、後日再度もらいに行きました。

私が行ったのは、中医薬の漢方薬局です。

ベースの婦人科系に効くシロップと生理、卵胞期、排卵期、黄体期と期間ごとに飲むものを変えていく方法でした。
系4種類。

不味いので味に慣れるまでが大変( ;∀;)特に黄体期の茶色い団子のようなのが不味かったです((+_+))
たまに間違えたり、飲み忘れたり( ;∀;)

月を重ねるごとに生理痛が少し取れてきた気がしました。

次回、もうすこし詳しく漢方についてご紹介したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村





[ 2019/01/31 20:10 ] 卵子の質を上げる | TB(-) | CM(0)

卵子の質をよくするには 胃腸の調子から考えてみよう

こんにちは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして整体師をやっております。

よかったらこちらもお願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

無排卵と卵管閉塞がわかってから、冷え性の改善と血流を上げる工夫を行ってきました。
血の巡りが良くなると卵巣にも栄養が行き届き、元気な卵子がポコッと生まれると思ったからです。

卵子の質をよくする大切な要素

・食事
・消化吸収(自律神経)
・血流
・ホルモンバランス
・免疫


あなたは、自分はストレスに強い方だと思いますか?
わたしは、すぐにお腹にきます( ;∀;)

卵子の質をよくする要素には、胃腸の働きが良く、消化吸収がきちんとされていることが良いとされています。胃腸の働きは、自律神経とも深い関係があります。

簡単な見分け方
・ストレスをかかえている
・便秘や下痢を繰り返す。
・食欲がない

・手のひらや足の裏に汗を常にかいている
・汗をかきにくい
・うつぶせで寝た状態で、腰、お尻、太もも、ふくらはぎが固い(通常は力が抜けているのでやわらかめが良い)
・みぞおちが張っている

こんな人も隠れ自律神経乱れです
食べることでストレス発散している
便の状態が悪いのに気にしていないなど。<
/span>

また、自律神経が乱れると血流が悪くなる傾向にあります。反対に血流が悪いので、少しのストレスで自律神経が乱れやすくなることもあります。

さらに、自律神経の乱れはホルモンバランスにも影響を与えます。

virus_fukutsuu_woman.png

まずは、胃腸の調子はどうか確認しましょう(^^)/
・毎日のお通じはどうかな?
・便のようすは?

Nice(^^♪
・適度な太さと薄い茶色バナナぐらいの形
・半分沈む

blue( ;∀;)
・固い、コロコロ 
・柔らかすぎる
・毎日出なーい(:_;)


どちらのタイプもゆっくり食べるのが、基本です。あまり噛まないのは、胃腸に負担をかけます。暴飲暴食もできるだけ避けることです。

水分不足からも便秘になる場合があります。
常温のお水、または白湯を1,5ℓ~2ℓは取るようにしましょう。


便秘気味の場合は、海藻、イモ、きのこ類の食物繊維を取るように心がけましょう。

胃腸が弱い、下痢気味の場合は刺激の強いものはさけましょう。


ちなみにわたしは、便秘と下痢を繰り返すタイプで、うつぶせに寝ても足には力が入った状態でした。

この状態なので、寝ていてもリラックスできていないようなんです。睡眠も浅い眠りでしたし、起きてもいつもだるい状態でした。

初めはお風呂に長く浸かることができなかったのですが、少しずつですが、時間も長く浸かれるようになってくると、雑誌を読んだりとリラックスできる場所となりました。

ストレスもお風呂場で発散し、温まって寝るを繰り返すようにしていきました。


最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村






[ 2019/01/29 21:10 ] 卵子の質を上げる | TB(-) | CM(0)
プロフィール

おはる

Author:おはる
現役ママ足つぼ・整体師です。不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
自分の経験が赤ちゃんを望む方のお力になれればと思っております。


治療開始(約10年前、30歳~)(婦人科に通院)で、無排卵(LHの数値が以上に高)と卵管閉塞がわかり、卵管は通水にて開通( ;∀;)一人目、治療から1年半ほどで人工授精にて妊娠しました。(2人目も人工授精です)

低体温と自力排卵しにくい体質でも、西洋医学の治療と東洋医学の自らの持っている力を引き出す療法どちらも活用して、無事、妊娠、出産できました。


子宝を望む方、冷え性体質の方、体調不良の方、未来の健康にお役立ちになれれば幸いです。

最近の記事投稿
不妊の原因は男性にも Mar 19, 2019
卵子の質を体外受精から見てみる Mar 15, 2019
不妊治療でステップアップを切り出されたら Mar 12, 2019
妊活に子宝運と風水の関係 Mar 05, 2019
不妊治療中に辛いと感じたこと Mar 04, 2019
不妊治療でリセットしたとき Feb 28, 2019
妊活とアロマの効果は Feb 27, 2019
不妊治療とタンポポ茶の効果 Feb 26, 2019
質の良い卵と糖質の関係 Feb 21, 2019
質の良い卵子へ骨盤の動きと生理周期 Feb 20, 2019
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: