あたためロード~子宝への道~

無排卵の不妊治療から妊娠出産、現役ママ整体師が子宝へ向けて発信しています。冷え症の体質改善にもどうぞ

妊活とアロマの効果は

こんばんは。子宝整体師、おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして足つぼ・整体師をやっております。

よかったらお願いします(^^)/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

aroma_essential_oil.png


生理痛や生理前のイライラ、リセットしたときにはアロマセラピーがおススメです。
お風呂に1適、足湯用の洗面器に1滴、または、マッサージなどアロマポットがなくても利用方法はあります。

人間の5感「視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚」のうちのひとつ「嗅覚」

嗅覚で香りをかぐと脳にアプローチし、からだの症状をやわらげるしくみがアロマセラピーです。

天然の植物から抽出された精油を使います。

アロママッサージでは、からだをマッサージすることと精油の成分が皮膚から吸収されることで、リラクゼーション効果を発揮します。

アロマオイルには、ホルモンバランスに作用するオイルがあります。
月経のリズムや気分によって使い分けできるとさらに効果的ですよ(^^♪

【月経期】
・気分が沈みがちな時期、または生理痛などの症状が出やすいので、気分を落ち着かせてくれるオイル
【卵胞期】
・生理も終わり、体調、気分が一番良いアクティブな時期
・ホルモンバランスを整える作用がおススメ
【排卵期】
・ホルモンバランスを整える作用がおすすめ
【黄体期】
・月経前のイライラや不調が出やすいので気分を落ち着かせてくれるオイル

ofuro_nyuyokuzai_woman.png


ホルモンバランスやリラックスにおすすめ

◎ラベンダー(妊娠初期は気をつける) すがすがしい香り
どんな症状にも利用できる万能精油

・アロマテラピーで最もポピュラー精油の一つ。自律神経のバランスを整える働き
・ストレスからの緊張、怒りをやわらげる
・不安や心配などを取り除き、リラックスさせる
・安眠効果
・呼吸器系、生理痛などにも効果あり


◎クラリセージ(車の運転、妊娠中は避ける)

・気が張って落ち着かない、ストレスや不安が強いなどの気分を和らげる効果(鎮静作用)
・精神的ストレスからの頭痛などにも効果
・ホルモンバランスを整える働き
・生理が遅れ気味などの月経不順に
・頭皮のトラブル(さっぱりさせる)



◎サイプレス(高血圧、妊娠中は避ける)
スパイシーな香り

・鎮静作用があり、興奮がちな人、イライラしがちなこころを和らげる効果
・体液バランスを整える作用
・ホルモンバランスを整える作用(更年期にも有効)


◎ローズウッド
ローズの香りに似ている(スパイシーな甘い香り)
・気分が落ち込んでいるときなど気持ちを明るくしてくれる


◎ゼラニウム (妊娠中は避ける)
ほのかにローズに似た甘くてフレッシュな香り 

・不安や緊張を和らげる効果
・ストレスの緩和
・ホルモンバランスを整える作用から、生理痛、生理不順、更年期、PMSなどを緩和
・利尿作用から体内の毒素を排出し、むくみにも効果的


◎ネロリ(車の運転など集中力が必要な時はNG)
オレンジの香りをフローラルにしたようなビターオレンジの香り。

・不安や落ち込んだ心、ストレスを減少させて、幸福感を与えてくれる
・興奮を沈めて、気分をおちつかせてくれる
・眠れない夜、更年期、PMSのイライラにも


◎グレープフルーツ

・落ち込んだときや、頭痛、疲れを軽減
・心配や不安など緊張がとれないときなど、前向きにさせてくれる
・利尿作用あり
・ダイエットにもおすすめ


◎イランイラン(妊娠中はさける)
甘くてエキゾチックな花の香りイランイラン。

・ホルモンバランスを整える作用
・女性特有の様々な症状(生理痛、生理不順、PMS,、更年期など)に有効といわれている
・ストレスや不安、怒り、恐怖、緊張などマイナスな気持ちをリラックスさせて、喜びの感情をもたらしてくれる。


ちなみにわたしは、ゼラニウムが好きです。
ストレス発散になります。

香りは好みがあるので、合う香りからお試しください!(^^)!


最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村






[ 2019/02/27 10:30 ] ホルモンバランス | TB(-) | CM(0)

卵子の質とホルモンバランスとの関係は

こんにちは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

こちらもよかったらお願いします


10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして整体師をやっています。

卵子の育ちと子宮内膜の育ちには、女性ホルモンの関係が不可欠です。

・卵胞の発育・・・FSH(卵胞刺激ホルモン)
 ・生理の終わりごろから排卵前に分泌が増大
 ・皮膚、髪の毛のつやなどにも作用
 ・心身が安定している

・卵子の排卵・・・LH(黄体形成ホルモン)
・子宮内膜の厚さに作用・・・E2(エストラジオール)
 ・LHは成熟した卵子の排卵を起こさせる作用
 (卵胞の大きさが約2センチほどになると排卵)

 ・排卵後から次の生理にかけて分泌
 ・受精卵が着床しやすいように子宮内膜に作用
 ・妊娠した場合は、継続させる働きも起こす
 ・心身が不安定になりやすい(腰痛、腹痛、イライラなどPMS)

未熟な卵子・・・卵胞の大きさが十分でないのに、排卵してしまう場合

成熟しすぎた卵子・・・排卵の命令が遅すぎる場合

いづれもホルモンバランスが乱れていて、脳からの指令がうまく伝達できていないと考えられます。

排卵が2相式であっても、低温期が10日以下、または17日以上もバランスが乱れていると言えます。
高温期の短い場合も排卵のタイミングが正常ではない場合があります。

正しい周期に整うと妊娠力がアップする傾向にあります。

からだにも不調を抱えていませんか?

わたしの場合は、腰痛と胃腸は下痢と便秘を繰り返していました。眠りも浅かったです。

睡眠もホルモンバランスには多いに関係があります。
ホルモンは脳から指令が下りるからです。

睡眠時間はできるならば、11時には床についた方が良いと当時、漢方薬局のおねえさんに教えられました。
10時から2時までが成長ホルモンなど人間に必要なホルモンの分泌がさかんにされます。
この時間に起きていると、せっかくの出ているホルモンたちの働きが、起きているエネルギーに使われてしまい、効果が100%
出せなくなるからです。

寝る前のスマホも安眠を妨げますので気を付けましょう((+_+))


最後までお読みいただきありがとうございます。

もともと排卵できない体質でも妊娠できました。

排卵しづらい方は、まずは排卵に向けて。
きちんと排卵がある方は、排卵できるその素晴らしい力を伸ばしていきましょう。

からだに良い食事を採る。からだの血流を良くする。
脳から卵巣までの伝達をスムーズにする。
質の良い卵子がでると妊娠力は上がります。






よかったらぽちっとおねがいします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村








[ 2019/01/18 21:03 ] ホルモンバランス | TB(-) | CM(0)
プロフィール

おはる

Author:おはる
現役ママ足つぼ・整体師です。不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
自分の経験が赤ちゃんを望む方のお力になれればと思っております。


治療開始(約10年前、30歳~)(婦人科に通院)で、無排卵(LHの数値が以上に高)と卵管閉塞がわかり、卵管は通水にて開通( ;∀;)一人目、治療から1年半ほどで人工授精にて妊娠しました。(2人目も人工授精です)

低体温と自力排卵しにくい体質でも、西洋医学の治療と東洋医学の自らの持っている力を引き出す療法どちらも活用して、無事、妊娠、出産できました。


子宝を望む方、冷え性体質の方、体調不良の方、未来の健康にお役立ちになれれば幸いです。

最近の記事投稿
不妊の原因は男性にも Mar 19, 2019
卵子の質を体外受精から見てみる Mar 15, 2019
不妊治療でステップアップを切り出されたら Mar 12, 2019
妊活に子宝運と風水の関係 Mar 05, 2019
不妊治療中に辛いと感じたこと Mar 04, 2019
不妊治療でリセットしたとき Feb 28, 2019
妊活とアロマの効果は Feb 27, 2019
不妊治療とタンポポ茶の効果 Feb 26, 2019
質の良い卵と糖質の関係 Feb 21, 2019
質の良い卵子へ骨盤の動きと生理周期 Feb 20, 2019
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: