あたためロード~子宝への道~

無排卵の不妊治療から妊娠出産、現役ママ整体師が子宝へ向けて発信しています。冷え症の体質改善にもどうぞ

不妊治療 自分の体質を知る

こんばんは。おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして足つぼ・整体師をやっております。

よかったらこちらもお願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ここ数回は自分の体質についてお話しております。
気、血、水 どの体質?について

気、血、水 について

自分の体質を簡単にでも知っておくことで、必要な食べ物が見えてきますよ。

shisou_yin_yang_mark.png

今日は、陰と陽 についてお話しますね(^^)

【陰陽論】
東洋医学には、人間と自然を統一された世界のものと考えています。

・陰と陽 の 2つの概念がある。
・対立、制約しながらバランスをとっている。
・昼と夜、男と女、明と暗、表と裏 など きりがありません。



人間のからだにも陰陽があります。
・健康な時は、陰陽のバランスが保たれている状態ですが、どちらかが強くなったり、または弱くなったりバランスが崩れると健康が優れなくなります。

基本は「中庸」といって、バランスが保たれている状態が理想です。
陰性、陽性どちらに偏っていても良くありません。

・「中庸」の体質が、西洋医学の平均的な体と似ているので、西洋の薬も効きやすくなります。治療で使うホルモン剤の効果も上がりやすくなります。

この点からも自分の体質を知って、食事から気をつける方法も赤ちゃんを授かるには必要だと考えています。


【中庸の状態】
・朝の目覚めが良い
・多少のことでは疲れない
・食欲がある
・気分が安定している
・毎日のお通じがある
・体形は、ほどよい筋肉がついている
・顔色が良い


【陰性】 肌の色が白い 

「陰性肥大」
・顔が青白い
・体がぽっちゃりしている(水分・脂肪がたまっている)
・体がむくんでいる
・甘い物好き
・ゆったりな動作
・性格は控えめ、消極的

「陰性萎縮」
・陰陽どちらも不足している
・食が栄養にならない
・細くて元気がなく見える
・無気力である

【陽性】 色が黒い 皮膚が乾燥しがち

「陽性肥大」
・体力がある
・活力がある
・暴飲暴食しやすい
・年齢を重ねると内臓に不調が出やすい

「陽性萎縮」
・体は筋肉質で締まっている
・元気
・こだわりが強い
・頑固である
・協調性がない

その他の目安
・1日のトイレの回数(小)・・・女性で3〜4回、男性で4〜5回程度、
 それより少ないと陽性、多いと陰性

・生理・・・28日〜30日周期、生理期間は4日間が中庸
 周期や期間がそれより短いと陽性、長いと陰性


ほどんどは、中庸の範囲の中ですが、陽性寄り、陰性寄り、時々入り乱れたりしているようです。

中庸のバランスを保つには、血液の質を良くすること
ナトリウムとカリウムのバランスがとれた状態が理想です。

血液中のナトリウム:カリウムの対比が1:5がベスト
 
からだが中庸だと、精神面でも最も健康的な状態といえます。

ナトリウムが多いと陽性、カリウムが多いと陰性になります。
陽性・・・動物性たんぱく質を多く食べている、塩分の多い食事
陰性・・・野菜中心、動物性たんぱく質の摂取が少ない

肉類、魚類、牛乳、乳製品、白砂糖は陰陽が特に強い食材ですので、採りすぎには注意が必要です。


また、中庸の条件を満たしていて、栄養素のバランスが完璧なのが玄米と言われています。

でも、玄米は腸の状態が良くないと消化に時間がかかってしまいます。
食べにくい場合は、胚芽を部分的に残した分つき米などを試しに食べてみることをおすすめします!(^^)!

難しい場合は、雑穀米もおススメですよ(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございます。


よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村






関連記事
[ 2019/02/04 21:11 ] 陰と陽 | TB(-) | CM(0)
フリーエリアのタイトル
フリーエリアの内容
フリーエリアのタイトル
フリーエリアの内容
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

おはる

Author:おはる
現役ママ足つぼ・整体師です。不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
自分の経験が赤ちゃんを望む方のお力になれればと思っております。


治療開始(約10年前、30歳~)(婦人科に通院)で、無排卵(LHの数値が以上に高)と卵管閉塞がわかり、卵管は通水にて開通( ;∀;)一人目、治療から1年半ほどで人工授精にて妊娠しました。(2人目も人工授精です)

低体温と自力排卵しにくい体質でも、西洋医学の治療と東洋医学の自らの持っている力を引き出す療法どちらも活用して、無事、妊娠、出産できました。


子宝を望む方、冷え性体質の方、体調不良の方、未来の健康にお役立ちになれれば幸いです。

最近の記事投稿
不妊の原因は男性にも Mar 19, 2019
卵子の質を体外受精から見てみる Mar 15, 2019
不妊治療でステップアップを切り出されたら Mar 12, 2019
妊活に子宝運と風水の関係 Mar 05, 2019
不妊治療中に辛いと感じたこと Mar 04, 2019
不妊治療でリセットしたとき Feb 28, 2019
妊活とアロマの効果は Feb 27, 2019
不妊治療とタンポポ茶の効果 Feb 26, 2019
質の良い卵と糖質の関係 Feb 21, 2019
質の良い卵子へ骨盤の動きと生理周期 Feb 20, 2019
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: