あたためロード~子宝への道~

無排卵の不妊治療から妊娠出産、現役ママ整体師が子宝へ向けて発信しています。冷え症の体質改善にもどうぞ

質の良い卵子と骨盤の関係

こんばんは。子宝整体師、おはるといいます。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

約10年前に不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
現在は経験を生かして足つぼ・整体師をやっております。

よかったらお願いします(^^)/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

前回、不妊治療中の整体についてお話していましたが、今日は、骨盤と女性ホルモンの関係についてお話しますね。

body_kotsuban_white.png


わたしの整体院でも、骨盤の施術は必ず行っています。
骨盤の場所には、子宮や卵巣があり、女性ホルモンの影響がとても影響しているからです。

女性ホルモンの影響で閉じたり、開いたりを繰り返し、生理などのリズムをつけています。
開閉がスムーズだと、からだの不調は少ないです。
開閉が悪いと、からだにも生理痛や生理不順などの不調が出やすいです。

反対に、ストレスの影響や、冷えにより血流が悪くなることで、骨盤の開閉がスムーズにいかなくなることもあります。

骨盤の開き方
【黄体期】
・生理開始直前から開き始める

【月経期】
・骨盤が開き始める
・2日目に最も開く
・3日目に骨盤が下がる
・それから2日間ほどで出血が減っていく

【卵胞期】
・生理4日目ぐらいから閉じ始める
・骨盤が上がる

4日間で生理が終わるのが理想と言われています。

【排卵期】
・卵胞ホルモンの分泌量が最大値になるころに最も閉じる

月経期~卵胞期までは14日が最も理想となります。


骨盤の開閉力が悪いというのは、緩むとき(開くとき)に緩まないので、骨盤の中は圧迫され、血流や神経の伝達も悪くなります。

そうなると、生理がだらだらと長くなってしまい、リセットされた内膜がすっきりと排泄されず、次回の妊娠へ向けてフカフカのベッドになりにくい状況にもなりかねません。

残念ながらリセットした場合は、生理でいらなくなった内膜を出し切って、すっきりすることが大切となります。

また、骨盤と頭は深く関係しています。

目が疲れると、頭や首も緊張してしまい、頭痛などを引き起こしたり、骨盤の開閉に影響が出やすくなります。

ホルモンの伝達もうまくいかず、分泌もされにくくなります。

生理の時に、目や頭に疲れがある場合は、骨盤の下がり具合が悪くなることがあるので、生理期には、目や頭は使いすぎないように心がけましょう(^^♪

ストレスなどで、神経がずっと緊張している場合も、なかなか骨盤が開かず、生理不順、生理痛を引き起こしやすくなります。


からだの緊張を取り除くこと、骨盤の開閉する力の手助けをすることで、血の巡りが良くなり、質の良い卵子へつながるように心がけています。



よかったらぽちっとおねがいします

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村




関連記事
[ 2019/02/19 22:08 ] 整体 | TB(-) | CM(0)
フリーエリアのタイトル
フリーエリアの内容
フリーエリアのタイトル
フリーエリアの内容
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

おはる

Author:おはる
現役ママ足つぼ・整体師です。不妊治療で2人の子宝に恵まれました。
自分の経験が赤ちゃんを望む方のお力になれればと思っております。


治療開始(約10年前、30歳~)(婦人科に通院)で、無排卵(LHの数値が以上に高)と卵管閉塞がわかり、卵管は通水にて開通( ;∀;)一人目、治療から1年半ほどで人工授精にて妊娠しました。(2人目も人工授精です)

低体温と自力排卵しにくい体質でも、西洋医学の治療と東洋医学の自らの持っている力を引き出す療法どちらも活用して、無事、妊娠、出産できました。


子宝を望む方、冷え性体質の方、体調不良の方、未来の健康にお役立ちになれれば幸いです。

最近の記事投稿
不妊の原因は男性にも Mar 19, 2019
卵子の質を体外受精から見てみる Mar 15, 2019
不妊治療でステップアップを切り出されたら Mar 12, 2019
妊活に子宝運と風水の関係 Mar 05, 2019
不妊治療中に辛いと感じたこと Mar 04, 2019
不妊治療でリセットしたとき Feb 28, 2019
妊活とアロマの効果は Feb 27, 2019
不妊治療とタンポポ茶の効果 Feb 26, 2019
質の良い卵と糖質の関係 Feb 21, 2019
質の良い卵子へ骨盤の動きと生理周期 Feb 20, 2019
検索フォーム
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: